Survitec Japan

Japan FlagRFD-Toyoシューター・救命いかだを搭載した海王丸と日本丸    海上の安全を支える日本の救命機器メ-カ-として、東洋ゴム工業から救命いかだ・シューター・救命胴衣を継承し、国土交通省および欧州連合の型式承認を取得し、製造・販売しています。RFDのブランドを持つ世界最大の安全救命関連メ-カ-Survitec Group と日本企業との合弁会社で、高い技術力と動きの良さ、ネットワ-クを駆使したきめ細かいサ-ビスには、高い評価をいただいています。

『膨脹式救命胴衣』

『膨脹式救命胴衣』

国土交通省型式承認品
膨脹式救命胴衣 RTJ-10R型 -2011年7月 新SOLASに適合 /2012年4月 MED取得
膨脹式作業用救命衣 TJW-5RN型 2013年新型式基準適合品
膨脹式作業用救命衣 TJW-5R型 小型船舶用救命胴衣の要件に適合
膨脹式作業用救命衣 TJW-7R型 小型船舶用救命胴衣の要件に適合 

View Products (in English)

 

 

膨脹式救命いかだ RFD-Toyo

Survitec Balsas

日本固有の傾斜架台にも搭載できる東洋ゴムと同サイズの丸型コンテナ入り。
投下試験高さ 30メートル。
JGおよびMEDの型式承認品。
50人用いかだは、他社品の3分の2の重量で燃費節減に役立ちます。
Contact your local Sales representative (below)

 

『海上脱出装置』

『海上脱出装置』

製造、販売、設置立会い、および技術指導

RFD-Toyo TES型  定員300名
国土交通省型式承認品
構造上、整備が安くて済むことに定評があります。

View Products (in English)

 

研修会予定

<海外整備場向けいかだ研修会>
Toyo & RFD-Toyo Liferaft SS Training Course 2016年3月 Singapore
   

<国内整備場向けいかだ・シューター研修会・講習会>
 毎年日本各地で数回実施される(社)日本船舶品質管理協会主催の講習会・研修
 会に、当社技師2名を講師として派遣。

会社概要

 

会社名 アール・エフ・ディー・ジャパン株式会社
住 所 〒231-0801
神奈川県横浜市中区新山下3丁目7番24
TEL/FAX 045-629-0055 / 045-629-0057
 E-mail Yokohama.info@survitecgroup.com
事業内容 (1)救命用いかだ・シューター及びその付属部品の製造、
  輸出入及び販売
(2)救命用いかだ・シューターの技術的サ-ビスの提供
(3)前各号に付帯関連する一切の業務
(4)救命胴衣・浮器及びその付属部品の製造・販売
設 立 2001年6月
資本金 8,500万円
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行  横浜駅前支店
三井住友銀行     横浜駅前支店
代表者 代表取締役 金光 徹雄

 

〒 231-0801
神奈川県横浜市中区新山下3-7-24

【バスにて】
 横浜駅・桜木町駅より横浜市バス 8, 58, 26, 148番に乗車、見晴橋バス停下車、海方 向へ徒歩5分

【徒歩にて】
 みなとみらい線 元町・中華街駅より 徒歩15分

 

 

RFD Building

RFD Map